六道輪廻サバイバル日記別館

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 政治・陰謀
もくじ  3kaku_s_L.png 経済
もくじ  3kaku_s_L.png 経済2
もくじ  3kaku_s_L.png 防衛
もくじ  3kaku_s_L.png アメリカ原発
もくじ  3kaku_s_L.png Science
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png ビジネス
もくじ  3kaku_s_L.png ライブラリー
もくじ  3kaku_s_L.png 領土問題
もくじ  3kaku_s_L.png Illuminati
もくじ  3kaku_s_L.png BenjaminFulford
もくじ  3kaku_s_L.png Anonymous
もくじ  3kaku_s_L.png Wikileaks
もくじ  3kaku_s_L.png 阿修羅投稿記事
もくじ  3kaku_s_L.png 皇族問題
もくじ  3kaku_s_L.png 朝鮮問題
もくじ  3kaku_s_L.png 中国問題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png プロファイル
もくじ  3kaku_s_L.png GAME
もくじ  3kaku_s_L.png 海外TV
  ↑記事冒頭へ  
←元米陸軍情報将校が解明した真相 原爆と秘密結社    →02/01のツイートまとめ
*Edit TB(-) | CO(-) 

プロファイル

甘利献金疑惑●東京地検UR職員を聴取へ駐米大使館の一等書記官経験者が多い特捜


東京地検がUR職員らを聴取へ…
甘利氏献金疑惑

2016年1月31日-読売新聞

甘利明前経済再生相(28日辞任)(66)を巡る違法献金疑惑で、東京地検特捜部が、近く都市再生機構(UR)の職員らを事情聴取することが、関係者の話でわかった。

甘利氏側は、URとトラブルとなった建設会社側の依頼で、UR担当者と面談。建設会社側から受け取った献金の一部を政治資金収支報告書に記載していなかった。

議員や秘書の口利きを禁じたあっせん利得処罰法や、政治資金規正法に抵触する可能性が指摘され、特捜部は聴取で面談内容を確認するなどし、違法性の有無を慎重に見極めるとみられる。

甘利氏の説明によると、甘利氏は2013年11月と14年2月、URの道路工事に絡んだ補償金の請求を巡るトラブルを抱えていた千葉県白井市の建設会社側から計100万円を、13年8月には秘書が500万円を、それぞれ受け取った。

2016年01月31日 09時29分


++++++++++++++++++++++++++++++++++


東京地検特捜部が、
近く都市再生機構(UR)の職員らを事情聴取する


■考察

(独)都市再生機構(UR都市機構)理事長:上西郁夫:元(株)オリエントコーポレーション代表取締役社長

(株)オリエントコーポレーション 監査役:熊﨑勝彦東京地方検察庁特捜部長
※第一勧銀総会屋利益供与事件担当部長


【wiki拾い読み】特別捜査部 ver1.2

http://www.japanprofile.com/2013/08/wiki-13a2.html#search_word=%E7%86%8A%EF%A8%91%E5%8B%9D%E5%BD%A6

特別捜査部
(2016年1月3日 (日) 08:04 UTCの版)
『ウィキペディア日本語版』


特別捜査部(とくべつそうさぶ)とは、日本の検察庁の一部門。東京・大阪・名古屋の各地方検察庁に設置されている。特捜部(とくそうぶ)・特捜(とくそう)と略されることが多い。

……

歴史
1947年(昭和22年):隠退蔵物資事件を契機に、東京地検で
特捜部の前身「
隠匿退蔵物資事件捜査部」、
通称「隠退蔵事件捜査部」が発足。

1957年(昭和32年):大阪地検特捜部が発足。
1996年(平成 8年):名古屋地検特捜部が発足。


……

一方、東京地検特捜部に批判的な立場からは、東京地検特捜部が連合国軍による占領下で、旧日本軍が貯蔵していた隠退蔵物資を摘発してGHQの管理下に置くことを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」としてスタートした経緯特捜部エリートに駐米大使館の一等書記官経験者が多いことから、「アメリカの影響を受けている」とする見方がある。

また、捜査対象が歴史的に木曜クラブの流れを汲む平成研究会系列(田中派―竹下派―小渕派―橋本派―津島派)の政治家に集中する一方で、党風刷新連盟を興りとする清和政策研究会系列(福田派―安倍派―森派―町村派)の政治家は多くが免れていることから、「捜査対象が偏っているのではないか?」という指摘がある。

ただし、清和会系列 の政治家でも新井将敬・中島洋次郎・坂井隆憲が東京地検特捜部によって捜査対象となり、逮捕許諾が請求されたり有罪判決が出た例はある。


■歴代特捜部長(明治大学出身者抜粋)

上田廣一 泉井事件
住友商事銅取引巨額損失事件
日本たばこ産業(株)監査役
元(株)整理回収機構 代表取締役社長
元 パイオニア(株)取締役
熊﨑勝彦 野村證券・第一勧銀総会屋利益供与事件
大蔵省接待汚職事件
防衛庁調達実施本部背任事件
(株)オリエントコーポレーション 監査役
綿半ホールディングス(株)監査役
(株)MCJ 顧問弁護士
元(株)十六銀行 監査役
東京岐阜県人会 副会長・理事


オリエントコーポレーション ver1.8

http://www.japanprofile.com/2011/06/post-c207.html

(株)オリエントコーポレーション

信販・クレジットカード系の会社は
沿革が複雑なのが多いのですが、
元は広島の会社です。

オリエント=日の出という意味らしく、
サンライズ、朝日などと同義といえます。
とりあえず入手可能な豊島区所在時からの概要。


2000年9月1日--東京都豊島区東池袋3-1-1 から東京都千代田区麹町5-2-1 に移転
2004年10月1日—東京都千代田区麹町5-2-1、(株)オリファンドを合併
2005年4月1日--東京都港区台場2-3-2、ユーシーカード(株)から分割
2006年3月1日--東京都千代田区区内幸町1-1-5、ユーシーカード(株)から分割
2008年10月1日—東京都豊島区東池袋3-1-1 16Fの支店廃止

■役員抜粋

代表取締役
1993.6-2003.6
特別理事
新井裕 山万アーバンフロント参照
代表取締役
1994.6-2003.6
金井久兮 (株)リョーザン 会長
元(株)第一勧業銀行 常務取締役
元(株)第一勧業銀行 伊勢/大手町支店長
代表取締役
1998.6-2007.6
飯島巌
飯島巖
日本貸金業協会 会長
元(株)第一勧業銀行 常務取締役
代表取締役
2003.6-2007.6
特別顧問
2070.6-
上西郁夫 1969年7月-(株)日本興業銀行 入行
1997年6月-同行 取締役
1999年6月-同行 常務取締役兼常務執行役員
2001年3月-日本中央地所(株)取締役(-2002.3)
2002年4月-(株)みずほコーポレート銀行 専務取締役
2003年4月-(株)オリエントコーポレーション 顧問
2003年6月-同社 代表取締役社長兼社長執行役員
2007年6月-同社 特別顧問
2008年6月-東北電力(株)監査役
2008年7月-日本貨物航空(株)監査役
ほか
(一社)世界貿易センター東京 幹事
代表取締役
2003.6-2005.5
安部修武 元 日本通運(株)常勤監査役
元(株)電通 監査役
元(株)クロノス  顧問
元(株)第一勧業銀行 常務取締役
元(株)第一勧業銀行 取締役審査第四部長
代表取締役
2007.6-2011.6
沖本隆史 中央不動産(株)代表取締役社長
清和綜合建物(株)監査役
(株)神戸製鋼所 監査役
富士通(株)取締役
元 富士電機(株)取締役
第一三共(株)取締役
元(株)みずほコーポレート銀行 取締役副頭取
元(株)第一勧業銀行 営業第六部長
元(株)第一勧業銀行 審査第四部長

中央不動産の保有・管理物件コネクション参照
新丸の内センタービルディング参照
代表取締役
2007.6-
西田宜正 元(株)みずほ銀行 宝くじ部担当役員
元(株)第一勧業銀行 金融法人部長
元(株)第一勧業銀行 成城支店長
代表取締役
20011.6-
齋藤雅之 (公財)みずほ教育福祉財団 評議員
元(株)トータル保険サービス 代表取締役
取締役
未詳-1995.6
井上知行 元(株)日宝業務センター 取締役
宝成不動産(株) 取締役
元(株)愛知日宝販 取締役
元(株)神奈川日宝販 取締役
元(株)日宝販→(株)クロノス 取締役
元(株)企画研究所 代表取締役
日本ハーデス(株)取締役
元(株)第一勧業銀行 宝くじ部長
元(株)第一勧業銀行 徳山/台北支店長
取締役
未詳-1997.3
三枝龍次郎 (株)エルシード 監査役
(株)ハートウェルス・マネジメント 監査役
(株)THEグローバル 常勤監査役
東京リース(株)管理部長
元(株)第一勧業銀行 調布支店長
取締役
1996.6-1998.5
福井彰 (株)リョーザン 取締役
元(株)第一勧業銀行 堂島支店長
取締役
監査役
小島佳雄 日本債権回収(株)代表取締役会長
元(株)第一勧業銀行 検査部長
元(株)第一勧業銀行 戸越支店長
取締役 道伝猛 元(株)第一勧業銀行日野/数寄屋橋支店長
取締役 春日井克典 元(株)第一勧業銀行南青山/高田馬場支店長
取締役 五十川泰敬 元(株)オートリ 代表取締役社長
元(株)第一勧業銀行 尾久/神戸支店長
取締役 三宅幸宏 1980年4月-伊藤忠商事(株)入社
2008年4月-同社 事業部長
2009年4月-同社 執行役員
2011年4月-同社 統合リスクマネジメント部長代行
2012年4月-同社 顧問
2012年6月-(株)オリエントコーポレーション 顧問
2012年6月-同社 取締役兼常務執行役員
2012年6月-同社 市場開発グループ担当
監査役
2004.6-2012.6
山本幹男 日本土地建物(株)取締役
大阪地下街(株)取締役
富国生命保険相互会社 人事部長/関連事業部長
元 三企エンタープライズ(株)監査役
富国生命保険相互会社 常務取締役

根津財閥からのコネクション参照
監査役
2005.6-
熊﨑勝彦 日本プロ野球コミッショナー 顧問
綿半ホールディングス(株)監査役
(株)十六銀行 監査役
東京地方検察庁特捜部長
前橋地方検察庁検事正
最高検察庁公安部長

HOYAからのコネクション〜その1参照
一番町セントラルビル参照
グランディ軽井沢ゴルフクラブ参照
監査役
2012.6-
平井堅治 富国生命保険相互会社 取締役常務執行役員
富国生命ビル(株)監査役(2009.7-)
元代表取締役副社長 櫻井安彦 (公財)無窮会参照
市場開発グループ
みずほ連携推進部部長
2011.4-
遠藤春生


■考察

オリエントコーポレーションで一番不可解な点は、
第一勧銀総会屋利益供与事件で担当だった熊﨑勝彦特捜部長
監査役に在任していることです。


オリエントコーポレーションは、
今ではみずほFGの持分法適用関連会社化して、
傘下に完全に入っています。

昨日の敵は
今日の友といった感じです。

第一勧銀総会屋利益供与事件といえば、
新井裕元副頭取は木島力也氏に92年9月の吉兆にて行われた
会談メンバーとして指名された5名に入っています。
(木島氏の経営する出版社界隈の京橋支店長だった関係か?)


※他メンバーは宮崎邦次会長、奥田正司頭取、入山晃嗣総務部長、
田中賢二常務取締役また、大株主に
(株)日本政策投資銀行がいるのも興味深いところです。

最近でも、みずほコーポレート銀行が日本政策投資銀行より
オリエントコーポレーション株を取得しているようです


**********************************


甘利 明(あまり あきら、1949年8月27日 - )は、日本政治家
自由民主党所属の衆議院議員(11期)、さいこう日本代表。

自由民主党政務調査会長(第54代)、労働大臣第67代)、経済産業大臣(第78代)、内閣府特命担当大臣(規制改革)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)等を歴任した。

戦国時代武田氏の重臣で知られる甘利虎泰の子孫である[1][2]
衆議院議員甘利正は父[1]


来歴


神奈川県厚木市生まれ。神奈川県立厚木高等学校慶應義塾大学法学部卒業。1972年ソニーに入社したが1974年に退社し、父・甘利正の秘書に転じる。

1983年、正が政界引退を表明したため、代わって第37回衆議院議員総選挙旧神奈川3区から、父の地盤を引き継いで新自由クラブ公認で出馬し、初当選。1986年、新自由クラブの解党に伴って同党の所属議員の多くが自民党に復党し、甘利も自民党に入党した。自民党入党後、新自由クラブの同僚であった山口敏夫の勧めにより、中曽根派に入会[要出典]1989年通商産業政務次官に就任。

1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い神奈川13区から自民党公認で出馬。選挙区では新進党新人の冨沢篤紘に1,751票差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活した。1998年小渕内閣労働大臣として初入閣。同年、それまで所属していた旧渡辺派を退会し、山崎派の結成に参加[要出典]

2004年衆議院予算委員長に就任。党商工部会長や衆議院商工委員長も務めた[要出典]2005年、党政務調査会長代理に就任。

2006年9月、第1次安倍内閣経済産業大臣に任命された。組閣後の記者会見において、ロシア8月30日に石油・天然ガス開発計画である 「サハリン2」の一部事業の中止を命じたことについて「日本側に過剰反応の面がある。ロシア側が指摘する環境破壊にどう対処するのか精査してから、反論を組み立てるべきだ」と述べた[3]。また、日本と中国が対立している東シナ海ガス田開発の件に関しては「日本と中国は共同で(開発に)取り組む方向で一致しており、粛々と取り組みたい」と発言した[3]

2007年8月、第1次安倍改造内閣で経済産業大臣に再任。同年9月3日、農林水産大臣遠藤武彦の辞任を受けて、臨時代理を兼務。安倍の総裁辞任に伴う自由民主党総裁選挙においては、山崎派は福田康夫を支持する方針を決定したのに反し、劣勢が伝えられた麻生太郎への支持を表明[4]。麻生への支持を表明した後に山崎派に退会届を提出したが、受理されなかった[要出典]。このため経産相に再任されず、退任する公算が高まっていた[要出典]が、福田康夫内閣でも留任した。

2008年の自由民主党総裁選挙では、自由民主党幹事長であった麻生を支持し、麻生の推薦人に名を連ねる(麻生は与謝野馨ら4候補を破り、当選)。同年9月に発足した麻生内閣内閣府特命担当大臣(規制改革)に任命され、また行政改革公務員制度改革を担当する国務大臣も兼務した。在任中、麻生内閣が推進する公務員制度改革に対し、人事院総裁(当時)の谷公士から強い反発を受け、2009年1月30日に は、麻生が本部長を務める国家公務員制度改革推進本部の第3回目の会合が予定されていたが、流会。同日の記者会見において、甘利は流会の理由を、谷が欠席 したためと説明した。同年2月の山崎派総会においてこの一連の騒動に言及し、谷について「内閣に指名された役人が、テレビで政権交代にまで言及した。極めて傲岸不遜で信じられない」と強い不快感を示した[5]。同年8月の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川13区で民主党公認の橘秀徳に1,960票差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで9選。

2011年6月、派閥横断型の政策集団さいこう日本を立ち上げ、代表に就任。参加者の多くは山崎派の議員であるが、町村派松野博一高木毅高村派佐藤ゆかりも参加した[6]。同年10月、自民党広報本部長に就任。

2012年自由民主党総裁選挙では、同じ山崎派の石原伸晃が出馬する中、安倍晋三の選挙責任者を務めた。安倍の総裁再任後は自由民主党政務調査会長に就任した(初の党三役入り)。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、神奈川13区で10選。選挙後、所属していた山崎派の新会長に石原の就任が決まり、これを機に正式に派閥を退会、無派閥となった。

選挙後に発足した第2次安倍内閣では内閣府特命担当大臣経済財政政策)に任命された。併せて経済再生担当、社会保障・税一体改革担当の国務大臣を務める。また第2次安倍内閣が日本国として環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)締結交渉への参加を決定したことを受けてTPP担当国務大臣に就任した[7]

2013年1月、世界経済フォーラムダボス会議に出席して政府主導の円安誘導との批判もあるアベノミクスについて説明を行い、国際通貨基金専務理事のラガルド経済協力開発機構事務総長のアンヘル・グリアから支持を取り付けた[8]

同年12月2日に体調不良のため検査入院[9]。5日の記者会見で、「早期の舌癌」であることを公表[10]。これを理由に首相に辞任を申し出たが、慰留されたとして続投と休養を表明[11]。翌週に手術を受け、26日に公務に復帰した[12]

2014年、第27回日本メガネベストドレッサー賞・政界部門を受賞[13]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、神奈川13区で11選。その後第3次安倍内閣においても内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を再任した。

2016年1月28日午後5時から開かれた記者会見の中で、週刊文春が報じた金銭授受疑惑の責任を取って内閣府特命担当大臣(経済財政政策)を辞任すると表明した[14]


不祥事

補助金企業からの献金

政府より補助金を得ていた企業から2013年7月と2014年1月に計12万円の献金を受けていたことが発覚した[15]

東京電力からの献金

東京電力や関連企業がパーティー券購入額の目安として、東京電力が政治家の電力業界での重要度を査定しランク付けしていた上位10議員の内の1人であったことが報じられた。議員秘書等から依頼に応じパーティー券を購入し、一回あたりの購入額を政治資金収支報告書に記載義務のない20万円以下にして東電からの資金の流れが表面化しないようにしていた[16]

高額な事務所費

甘利の資金管理団体が計上した事務所費と、実際の事務所家賃との間に、大幅な差額が発生していることが報道された[17]

甘利の資金管理団体「甘山会」と自由民主党神奈川県第13選挙区支部は、2005年に事務所費として1650万円超を計上している。2003~2005年の3年間の事務所費の合計は、約4700万円に上る。神奈川県大和市の事務所の大家は、家賃について「両団体合わせて、月に20万円、年間240万円」だとしており、事務所費と家賃との間の差額は2005年だけで約1400万円、2003~2005年の3年間では約4000万円発生している[18]

なお、政治資金収支報告書で は、人件費、光熱水費、備品・消耗品費は別に計上され、事務所費には家賃、火災保険料、電話代を計上することになっている。そのため、事務所費と家賃との 差額は、人件費、光熱水費、備品・消耗品費などとは別の用途に使用されたことになる。 甘利事務所は、「法令に従って適切に処理しています」[18]と主張している。また、「事務所は、家賃などのかからない東京永田町議員会館の他は神奈川県の1か所のみ」[18]としている。

国民年金保険料未納

2004年政治家の年金未納問題が注目された際に国民年金保険料の未納が発覚した(1986年4月から15年11か月間)[19]。甘利は、議員年金国民年金の両方に入らなければならないことに気付かなかったとして陳謝しつつも、社会保険庁から督促が来なかったとも述べている[19]

労働保険未加入

2009年1月、甘利の資金管理団体「甘山会」が、勤務するスタッフに対する労働保険に未加入のまま長期間放置していたことが発覚した[20]

労働保険の中でも労働者災害補償保険は、雇用者がいれば加入義務があると労働者災害補償保険法により定められており、未加入でスタッフを雇用するのは違法行為である。甘利の事務所は「アルバイトは加入の必要がないと誤解していた」[20]と説明しており、「甘山会」は2009年1月に労働保険に加入し、2006年度分まで遡及して支払った[20]。なお、2004年12月頃の時点で、自由民主党本部は関係する各団体に対し社会保険や労働保険に適切に加入するよう指導した、と指摘されている[21]。また、甘利は労働大臣経験者でもある。

口利き疑惑

2016年1月、千葉県の建設会社が2013年に道路建設をめぐり甘利氏側に口利きを依頼し、見返りに総額1200万円を現金や接待で甘利氏側に提供したと、週刊誌が報じた[22][23][24][25][26][27][28][29][30]。甘利は、「社長が大臣室を訪問したのは事実」と認めたが「何をしたかは記憶が曖昧だ」と述べた[22]

同月28日の記者会見で、建設会社側から2013年11月に大臣室で50万円、2014年2月には大和市の地元事務所で50万円を2回に渡り受け 取ったことを認め、「秘書には政治資金収支報告書に記載するよう指示したが記載されなかった」と述べ、500万円については「秘書に政治資金収支報告書へ 記載するよう指示したが実際には200万しか記載せず、300万は秘書Aが無断で私的流用していた」と述べた[31][32]。この報道の影響で、1月28日に行われた会見で引責辞任を発表した[14]

政治資金



所属団体・議員連盟




関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 政治・陰謀
もくじ  3kaku_s_L.png 経済
もくじ  3kaku_s_L.png 経済2
もくじ  3kaku_s_L.png 防衛
もくじ  3kaku_s_L.png アメリカ原発
もくじ  3kaku_s_L.png Science
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png ビジネス
もくじ  3kaku_s_L.png ライブラリー
もくじ  3kaku_s_L.png 領土問題
もくじ  3kaku_s_L.png Illuminati
もくじ  3kaku_s_L.png BenjaminFulford
もくじ  3kaku_s_L.png Anonymous
もくじ  3kaku_s_L.png Wikileaks
もくじ  3kaku_s_L.png 阿修羅投稿記事
もくじ  3kaku_s_L.png 皇族問題
もくじ  3kaku_s_L.png 朝鮮問題
もくじ  3kaku_s_L.png 中国問題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png プロファイル
もくじ  3kaku_s_L.png GAME
もくじ  3kaku_s_L.png 海外TV
  ↑記事冒頭へ  
←元米陸軍情報将校が解明した真相 原爆と秘密結社    →02/01のツイートまとめ
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←元米陸軍情報将校が解明した真相 原爆と秘密結社    →02/01のツイートまとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。