六道輪廻サバイバル日記別館

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 政治・陰謀
もくじ  3kaku_s_L.png 経済
もくじ  3kaku_s_L.png 経済2
もくじ  3kaku_s_L.png 防衛
もくじ  3kaku_s_L.png アメリカ原発
もくじ  3kaku_s_L.png Science
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png ビジネス
もくじ  3kaku_s_L.png ライブラリー
もくじ  3kaku_s_L.png 領土問題
もくじ  3kaku_s_L.png Illuminati
もくじ  3kaku_s_L.png BenjaminFulford
もくじ  3kaku_s_L.png Anonymous
もくじ  3kaku_s_L.png Wikileaks
もくじ  3kaku_s_L.png 阿修羅投稿記事
もくじ  3kaku_s_L.png 皇族問題
もくじ  3kaku_s_L.png 朝鮮問題
もくじ  3kaku_s_L.png 中国問題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png プロファイル
もくじ  3kaku_s_L.png GAME
もくじ  3kaku_s_L.png 海外TV
  ↑記事冒頭へ  
←01/31のツイートまとめ    →甘利献金疑惑●東京地検UR職員を聴取へ駐米大使館の一等書記官経験者が多い特捜
*Edit TB(-) | CO(-) 

ライブラリー

元米陸軍情報将校が解明した真相 原爆と秘密結社

元米陸軍情報将校が解明した真相 
原爆と秘密結社






元米陸軍情報将校が解明した真相 
原爆と秘密結社



内容

ひた隠しにされた歴史がついに日本人に明かされる
最高機密情報を知った軍人が生命を賭して公表する原爆秘事
70年目の真実、グランド・ゼロは浦上天主堂、
その恐ろしい理由を暴く異色譚!


原爆開発計画は、
米国政府に潜入した秘密結社カルテルによって
企図され、指導され、実行された。


この驚くべき事実は、
史上初めて本書が明かす「原爆の秘密」である。


わたしはかつて米国陸軍の情報将校として、
国家の機密資料や極秘情報を
取り扱う職務に就いていました。

階級が上がるにつれて、
当然ながら知り得る情報の範囲は広くなり、
そのレベルも高度になってきます。


将校ともなると
その質と量は膨大なものとなりますが、
通常はその管理を任務と割り切り、

慣れるに従ってもはや
内容の重大さに驚かなくなります。


感受性が麻痺してしまうのでしょうか。
しかし、わたしは違いました。

目にした内容に、
時としてそのあまりものおぞましさに、


わたしは何度目を見張り、
あるいは打ち震えたことでしょう。

もちろん、書類であれ写真であれ、
報告書に記載された内容は
「事実」を淡々と伝えるだけです。

しかし、その「事実」を積み重ねていったとき、
わたしにはその背後にある実態が
はっきりと見えるようになったのです。

日本に原爆が投下されてから
70年を経た2015年のこの年、


読者はおそらく初めて、
原爆の使用がなぜ、
いかなる目的でなされたのか、


その衝撃的とも言える真実と真相を、
本書によって知ることになるでしょう。


[序文として]日本の読者へ

[第Ⅰ部]―誰が何のために原爆と創ったのか
[第1章]この世界に原爆を生んだ秘密結社
[第2章]秘密結社と血の掟
[第3章]複合する邪悪勢力

[第Ⅱ部]―なぜ長崎に原爆が落とされたのか
[第4章]日本の原爆開発計画
[第5章]「日本のバチカン」長崎の特殊事情
[第6章]秘密作戦
[第7章]厳重に封印された秘密


レビュー


これが実際の出来事だったのだろうと思います。

広島・長崎の悲劇について、
一般に語られる表向きの歴史ではなく、

生の情報にアクセスできた人であったからこそ
書けた本なので、とても価値があります。

広島原爆のウランの由来については、
ベラスコがナチス製であったと話しており、

長く疑問でしたがこの本でも
それを裏付ける事実が記載されていました。

アメリカが小倉を目標としていたというのは
本当の意図を隠すためであり、

当初からの目標は長崎であり、
それは日本のキリスト教を破壊するためでした。

この本の前半は悪の組織の説明に費やされており、
若干退屈かもしれませんが、
世界の歴史の理解のためには役立つでしょう。

後半は日本について書かれています。

今後、彼らが中東で何をしようとしているか
(イスラエルとイスラムの対立)についても記載されており、

今後世界情勢に大きく巻き込まれていくであろう
日本の立場を考える上で、
この本は大きなヒントを与えてくれるでしょう。

もう二度と原爆の悲劇を繰り返さないため、
情報満載のこの本をおすすめしたいです。


日本は嵌められましたね、
しかも未だに操縦されてるようでして、

俗に言う陰謀論の裏付けですが、
残念ですがお話にならないわが国の外交、
また痛い目に会いそうです


ドイツで製造された濃縮ウランが
潜水艦で日本に運送される途中で
米軍に捕獲され米国に送られた。 


これがロスアラモスに送られ広島のウラン型原爆の
原材料に使われたのではないかと著者は推測する。 


広島への投下は不発弾を想定した
実験目的を兼ねた投下だったという。 


米国が製造したのはプルトニウム型原爆2個で
一つは三位一体爆発に事前に実験されている。 
 

全世界の支配者である神、精霊、イエスを
破壊するという意味である。 


もう一つは長崎に
周到な準備を経て投下されている。 


べラスコや高橋五郎達はウラン型原爆は
1940年にドイツで既に開発されており


反ヒットラーのロンメルが
2個アイゼンハワーに手渡したと証言している。 


この裏切りが
ロンメルの処刑になったという。 


どちらの証言が正しいのか。 


ウラン型はべーネミュンデで
事前実験がなされていたという。 


米国では行われていない。 


貴重な希少価値のために
事前実験が控えられたのだという。 


スターリンはフリーメイソンの
最上位の死の血盟団に属し


レーニン後の権力闘争に勝利したのも
暗殺等を駆使した彼らの支援であるという。 


ルーズベルトもチャーチルも
同組織に属しており


原爆の機密はホプキンスから
スターリンに直接漏洩されていた。 


朝鮮戦争も米と(旧ソ)の談合であり
朝鮮分断も第3次世界大戦の準備であるという。
 

世界から宗教を一掃して無神論社会にして
悪魔ルシファーの支配社会を作るのだという。 


キッシンジャーも
KGBとCIAの2重スパイであった。
 

元陸軍情報将校の壮絶な内部告発である。 
キャロル・キグリーは
「悲劇と希望」で秘密結社を内部告発した。
 

一度発禁処分にされたが10年後に再出版された。 
秘密結社の内部暴露は生命の危険を伴う。 


しかし人間の本能にある正義感から
この巨大な秘密結社を告発する米国人が
数多く出てきていることは喜ばしいことである。 


著者はグラバーをもフリー・メイソンにして
イルミナテ-のメンバーであったと報告している。
 

日本人も国際化に連れて、
これらの秘密結社の行動に通暁しておく必要がある。 


戦争や革命は彼らの専売特許である。




++++++++++++++++++++++++++++++++

元米陸軍情報将校が解明した真相 

原爆と秘密結社



デイビッド・J・ディオニシ David.J.Dionisi 
1963 年、米国マサチューセッツ州生まれ。
元米国陸軍情報将校。

電子機器戦争、電子機器使用軍事通信システム、
世界全体の諜報機関収集情報の取扱いなどを担当、
高度な軍事技術の専門分野を指揮し統率する。

除隊後は金融保険業界に転じて華々しい成功を収め、
プルデンシャル社役員、
メットライフ社副会長などを歴任する。

2003年に西アフリカのリベリア難民の
救援事業にかかわったことから人類の将来を危惧し、

世界の平和安寧のために献身すべき使命を感じて
実業界から身を引くことを決意。

2004年にNGO法人・平和教育協会(Teach Peace Foundation)を
創設して会長を務める。

同協会は、教育活動と慈善事業を通して、
世の人々に人類社会の危機的諸問題を

平和的に解決することへの理解を
促し広めるために諸々の事業を展開、

また、アフリカ諸国、インドネシアなどで
難民・孤児などの救援事業を推進している。

こうした献身的な功績により、
2009年に「マーティン・ルーサー・キング記念国際平和指導者賞」、
2010年に「聖パドヴァのアントニオPTA賞」、
2013年に「身体障害者希望 賞」、
2014年に「聖アッシジのフランシスコ賞」を受賞。

また、
2014年のリベリアでのエボラ出血熱蔓延に際し、
いち早く現地にかけつけて救援活動に尽力したことにより、

「エボラ・ファイターズ」の一人として米誌『タイム』の
「2014年・今年の人 (Person of the Year 2014)」に選ばれた。

1985年に情報将校として在韓米軍に勤務中に、
日本への原爆投下の真相とその背後関係を知り始め、

以後10年余りかけて主として
米国と日本で原爆にまつわる
諸々の秘密の調査・研究を続けた。

その成果として結実したのが本書であり、
まさに読者に歴史観の見直しを迫る労作ではある。



長崎の秘密 from Teach Peace Foundation on Vimeo.


原爆に関する話は色々な諸説がありますが
この元将校が真実を語っているなら
されはそれとしてでありますが...

タイム誌に登場したり
もとの経歴などもなんとも






Vigilant Christian II

: Preventing an American Hiroshima (英語)




The Secret of Nagasaki

www.thesecretofnagasaki.com/
Introducing The Secret of Nagasaki by David J. Dionisi. This documentary is based. on the book Atomic Bomb Secrets and explains the secret reasons why atomic bombs. were used during World War II. Japanese language version ...

9/11: The Secret War Against the Jews: David J. Dionisi ...

www.amazon.com › Books › History › Military
9/11: The Secret War Against the Jews [David J. Dionisi] on Amazon.com. *FREE* shipping on qualifying offers. Suppose the narrative was changed. What if the box-cutter hijackers were replaced by an entirely different crew of bad guys ...


日本人からすれば香ばしい外資企業出身故に
なんだかなあ〜と言う思いもありますが

なぜ70年たった今頃に
こんな者が出てきたのでしょうか???

いろいろな意味で
良識派の元将校なのか
それとも...

そのあたりはもう我々は
もうお腹がいっぱいであります。

過ちは償えば
許されるものと言う

呆れたご都合宗教も
何のために存在しているのか?

歴史を振り返れば
洗脳・催眠・思想教育

その裏での争い事
私は宗教の本質とその裏にあるものが
余りに醜すぎて一切信用しませんが

このブログのタイトルは
宗教的な意味合いから六道輪廻と
したものではなく

醜さや地獄絵巻が
この世、つまり六道輪廻の世界だと

皮肉を込めてつけたタイトルだったわけです。
それから神があ〜とか、◯◯◯
さまがとか

彼らが良く使う会話のフレーズを聞くと
腹の底からお前もか〜となるわけです...

ちなみに
私は宗教が大嫌いです...

私からすれば
すべての宗教が似非宗教くらいしか
思い当たりません。

素直な心で
信じる方々もいらっしゃるでしょうが

狭い世界だけで考えれば
信じたいのはわかりますが

すべての宗教の信者様には
大変申し訳ありませんが

今となっては
すべての宗教が終了するほど
すべてがバレバレなわけです。

ほんとうに人間て
なんて恐ろしい生き物なんだろうかと
自分自身人間として思うのでした。

人がこの世に存在し
それぞれに魂があると言われますが

それは色々な意味でそうだと思う反面
子供の頃は霊魂が〜とか火の玉が〜とか

色々身内でも
そんなの見たと言う人も
いたのですが...

オカルティックは謎めいているから
それでいいと思いますが

神秘主義論とこの世の人間の姿が
ごちゃまぜのイタコ教祖とか

カネ集めに一生懸命な宗教は
すでに終わってるなと思います。

くれぐれもそんな宗教には
引っかかりませぬように...

皆さんそれぞれが
わたしゃ神様だ〜

それで結構でございますww

日本人の心は
白痴化の成功で

本質を完全に失われつつありますが
消して本当の日本の心は

他の人種の方々には理解できないほど
すばらしい民族で精神を持っていたのですが

今の日本は偽者で
愚かな人間によって操られたのは
間違いない事実なのです...


関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 政治・陰謀
もくじ  3kaku_s_L.png 経済
もくじ  3kaku_s_L.png 経済2
もくじ  3kaku_s_L.png 防衛
もくじ  3kaku_s_L.png アメリカ原発
もくじ  3kaku_s_L.png Science
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png ビジネス
もくじ  3kaku_s_L.png ライブラリー
もくじ  3kaku_s_L.png 領土問題
もくじ  3kaku_s_L.png Illuminati
もくじ  3kaku_s_L.png BenjaminFulford
もくじ  3kaku_s_L.png Anonymous
もくじ  3kaku_s_L.png Wikileaks
もくじ  3kaku_s_L.png 阿修羅投稿記事
もくじ  3kaku_s_L.png 皇族問題
もくじ  3kaku_s_L.png 朝鮮問題
もくじ  3kaku_s_L.png 中国問題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png プロファイル
もくじ  3kaku_s_L.png GAME
もくじ  3kaku_s_L.png 海外TV
  ↑記事冒頭へ  
←01/31のツイートまとめ    →甘利献金疑惑●東京地検UR職員を聴取へ駐米大使館の一等書記官経験者が多い特捜
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←01/31のツイートまとめ    →甘利献金疑惑●東京地検UR職員を聴取へ駐米大使館の一等書記官経験者が多い特捜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。