六道輪廻サバイバル日記別館

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png 政治・陰謀
もくじ  3kaku_s_L.png 経済
もくじ  3kaku_s_L.png 経済2
もくじ  3kaku_s_L.png 防衛
もくじ  3kaku_s_L.png アメリカ原発
もくじ  3kaku_s_L.png Science
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png ビジネス
もくじ  3kaku_s_L.png ライブラリー
もくじ  3kaku_s_L.png 領土問題
もくじ  3kaku_s_L.png Illuminati
もくじ  3kaku_s_L.png BenjaminFulford
もくじ  3kaku_s_L.png Anonymous
もくじ  3kaku_s_L.png Wikileaks
もくじ  3kaku_s_L.png 阿修羅投稿記事
もくじ  3kaku_s_L.png 皇族問題
もくじ  3kaku_s_L.png 朝鮮問題
もくじ  3kaku_s_L.png 中国問題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png プロファイル
もくじ  3kaku_s_L.png GAME
もくじ  3kaku_s_L.png 海外TV
  ↑記事冒頭へ  
←徳川一族と猪瀬都知事と  徳洲会のハコモノ・コネクション    →11/29のツイートまとめ
*Edit TB(-) | CO(-) 

政治・陰謀

小泉元総理「1カ月で自民党をぶっ壊す!」オフレコ肉声 脱原発新党へ小泉&細川新党が設立目前???

小泉元総理
「1カ月で自民党をぶっ壊す!」
オフレコ肉声

脱原発新党へ
小泉&細川新党が設立目前???

http://wjn.jp/article/detail/8684493/


11月12日、東京・千代田区にある『日本記者クラブ』は、
黒山の記者とテレビクルーで溢れ返っていた。
 
それもそのはず。

今夏から随所で「原発ゼロ」を唱え続けてきた
小泉純一郎元総理がついにこの日、
その真意を語るべく、記者会見に臨んだからだ。
 
政治部記者がこう語る。
 
「いやぁ、凄い熱気でした。会場には満員の記者と
テレビカメラ10数台が詰めかけ、その賑わいは安倍総理の会見以上。

まるで、小泉新党の立ち上げかと
見紛うばかりのありさまだったのです。

しかも席上、小泉元総理は
『今すぐ原発を停止すべき!』と
現政権に怒りの刃を突きつけた。

この物言いに、官邸筋は
震え上がったといわれているのです」

実際、小泉氏のこうした発言は、

石破茂幹事長も
「(原発ゼロの)具体論がなければスローガンに過ぎない」と
 警戒してはいるものの、その立ち位置は
「評論家に過ぎない」というのが、大方の見方となっている。
 
ところが、本誌は
小泉元総理に極めて近い人物から、
同氏の本音を入手した。

それによれば、小泉氏の狙いは政界復帰
--“総理への再登板”だというのである。


この関係者によれば、以前、小泉氏が漏らした発言は
概ね以下のようなものだったという。
 
「進次郎が政界中枢で
大きな発言力を持つまでには後10年はかかる。

それまでにエネルギー政策を軌道修正しておかないと、
日本の政治はニッチもサッチもいかなくなる。

今のままの原発政策では
日本は完全に行き詰まるし、滅びかねない。

もう一度日本の道筋を軌道修正するためにも、
俺が政界復帰、ポスト安倍で動くしか道はないだろう」


'05年の郵政民営化選挙時に小泉氏は
反対派を「抵抗勢力」として気勢を上げて大勝したが、
まさにこの肉声はその再演ともいえるもの。

それだけに、にわかには信じがたいが、
本人の決意は相当なものなのだ。
 
同関係者がこう続ける。
 
「小泉氏は、さらに安倍総理やポスト安倍を狙う
麻生副総理などには、任せられないとも語っていましたね。

彼らは、脱原発では日本経済が
エネルギー不足で失速すると言っている。

だが、本音は面倒なことを
先延ばしにしているだけだ。

それでは(最終処分場という)
トイレのないマンションで、
やがて日本は滅びることになる。

麻生氏までが再登板を狙うなら、
オレがもう一度出ても不思議はないだろうと
笑っていましたよ」


まさに、一流の“小泉節”で、
総理再就任の野望を明かしたわけだが、
小泉元総理は現在71歳。

対する麻生副総理は73歳で、
これを考えれば「自らが再登板するのも当然」
という認識を持っているのだ。
 
だがなぜ今になって小泉元総理は、
こうした考えに至ったのか。

そこには、二つの転換点が
あったといわれているのである。
 
「もともと、小泉氏は'09年に二男の進次郎に
 全てを託して政界を引退した。

ただ、その後に東日本大震災と
原発事故が起きたことが契機となったのです。

というのも、小泉氏は
総理時代から原発推進派だったが、

原発事故で首都機能が一時麻痺、
東日本全体に放射能汚染の恐怖が蔓延し、
これが原因で、原発への認識 を一から改めた。

フィンランド視察時に行った発言は、
まさにその決意の表れだったのです」
(前出・関係者)

小泉氏が同国にある
世界初の放射性廃棄物実験処理施設
『オンカロ』を視察したのは今年8月。

その際に
「現役に戻るとすれば、原発推進でまとめるのは無理」
「ゼロならまとめられる自信を得た!」と発言し、

周囲をあ然とさせたことは有名だが、
これが比喩ではなかったというわけだ。
 
また、自民党消息筋は
二つ目のターニングポイントをこう指摘する。
 
「小泉氏は安倍総理に対して弟子という感覚が強い。
自分の推薦で森内閣の副官房長官に就任、
さらに小泉内閣で幹事長に抜擢した経緯があるからだ。

ところ が、その弟子が10月末のテレビ番組で、
『今の段階で原発ゼロを約束するのは無責任』と反発。

さらに小泉氏を無視するように、
トルコを訪問して原発受注の 調印にこぎつけた。
これに小泉氏は相当頭にきているのです。

『ならば、やってやろう』と政界復帰の腹を
くくったと見られているのです」


つまり、安倍総理の発言が、
寝た子を起こしてしまった可能性が高いのだが、

気になるのは小泉氏が
今後どんな動きを見せるのかという点だろう。

実は、これには思わぬ展開が
予測されているのである。


前出の関係者が言う。
 
「最も注目されているのは、
細川内閣を樹立した細川護煕元総理との連携です。

現在、政界を引退した細川氏は
京都造形芸術大の学園長などをしているが、
根っからの脱原発論者で、
同じ志の者と会合を重ねているのです。

小泉氏はこの細川氏とすでに密会しており、
早々に勉強会を立ち上げるとの話が漏れ聞こえている。


これが実現すれば、
自民、民主、みんな、維新などの野党から
相当な参加者が集まるはずなのです」


また、前出の自民党消息筋もこう話す。
 
「もしも、小泉氏が細川氏と勉強会を立ち上げれば、
脱原発に執念を燃やす生活の党の小沢一郎代表も共闘するはず。

野党再編が起こり、
新党立ち上げに動くことは必至なのです。

小泉氏が狙っているのはまさにそれで、
政界復帰、余勢を駆った総理再登板を
最終目標としているのです」


この自民党消息筋によれば、
その際に民主党以上の草刈り場となるのは、
他ならぬ自民党だという。


なぜなら、今や小泉氏の「脱原発」には
7割近い有権者が賛成しており、

この世論に抗えば、
次期選挙で落選の憂き目を
見るはめに陥りかねないからだ。
 
そのため、自民党内では安倍総理や石破幹事長を筆頭に、
ベテラン議員らが小泉氏の動きを警戒し続けている。

もしも、新党設立に動き出せば、
地盤が不安定な若手は雪崩を打って参加しかねず、

原発推進を掲げたままでは
次期選挙で敗北することは目に見えているからです」(前同)

もっとも、血気盛んに「脱原発」を訴える
今回の小泉元総理の動きには、
別の裏事情が絡んでいるとの声もある。

内幕を語るのは、国際アナリストだ。
 
「もともと小泉氏は、
ブッシュ前大領領の別荘に招かれたほどの
圧倒的な親米派。

ところが、オバマ大統領との仲が
“冷めたピザ”のようと言われる安倍総理 は、

北方領土の二島返還交渉で、
急速にロシアに傾倒しているのです。

実際、安倍は今年に入りすでに
4度もプーチン大統領と会談。


さらに頻繁に電話会談も行っているという。
このため、小泉氏の仕掛けた脱原発論争は、
一部では米ロ間の代理戦争ともっぱらなのです」


ちなみに、ロシアが以前から
日本に天然ガスを
売り込みたい思惑があることは、有名な話。
 
だが、その一方でシェールガス大国となった米国は
これを日本に輸出し、次期エネルギー政策の柱に
据えさせようと密かに画策しているのだという。
 
そのため、今回の騒動の裏には、
米国が親米派の小泉元総理の政界復帰、
総理再登板を焚き付けた可能性が指摘されているのである。
前出の自民党消息筋がこう語る。
 
「確かに小泉氏がなぜ脱原発発言を始めたかについては、
“米国の後押し説”が絶えない。

だが、それに乗り出した以上、
野党再編が視野に入っていることは確実なのです。

そのため、永田町では
『新党を立ち上げれば、1月後には自民党議員の半数近くが合流し、
同党が崩壊しかねない』と指摘する声も多いのです」


師走に向けて急ピッチで
存在感を増す小泉元総理から、
俄然目が離せなくなってきた。

関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 政治・陰謀
もくじ  3kaku_s_L.png 経済
もくじ  3kaku_s_L.png 経済2
もくじ  3kaku_s_L.png 防衛
もくじ  3kaku_s_L.png アメリカ原発
もくじ  3kaku_s_L.png Science
もくじ  3kaku_s_L.png マスゴミ
もくじ  3kaku_s_L.png ビジネス
もくじ  3kaku_s_L.png ライブラリー
もくじ  3kaku_s_L.png 領土問題
もくじ  3kaku_s_L.png Illuminati
もくじ  3kaku_s_L.png BenjaminFulford
もくじ  3kaku_s_L.png Anonymous
もくじ  3kaku_s_L.png Wikileaks
もくじ  3kaku_s_L.png 阿修羅投稿記事
もくじ  3kaku_s_L.png 皇族問題
もくじ  3kaku_s_L.png 朝鮮問題
もくじ  3kaku_s_L.png 中国問題
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png プロファイル
もくじ  3kaku_s_L.png GAME
もくじ  3kaku_s_L.png 海外TV
  ↑記事冒頭へ  
←徳川一族と猪瀬都知事と  徳洲会のハコモノ・コネクション    →11/29のツイートまとめ
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←徳川一族と猪瀬都知事と  徳洲会のハコモノ・コネクション    →11/29のツイートまとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。