六道輪廻サバイバル日記別館

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2011年01月  】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  01.31.  【 経済2 】  インターネットが“消えた” グラフで見るエジプトのネット遮断   さわりを読む▼
  01.31.  【 経済2 】  タイの山中で「ゾウのためのソナタ」を弾くピアニスト   さわりを読む▼
  01.31.  【 経済2 】  iPhone 5とiPad 2に、NFC使ったおサイフ機能搭載か   さわりを読む▼
  01.31.  【 ブログ 】  世界トップコーチの最先端心理学   さわりを読む▼
  01.30.  【 経済2 】  海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点   さわりを読む▼
  01.30.  【 経済2 】  2010年第4四半期のコンピュータ市場、iPad効果でAppleがDELLを抜いて3位に   さわりを読む▼
  01.30.  【 経済2 】  机にもなる子ども用かばん「テディバッグ(Teddy Bag)」   さわりを読む▼
  01.29.  【 ブログ 】  ドコモ、4月以降発売の機種でSIMロック解除可能   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  肉まみれ、たった1個で4600キロカロリーもある特盛りハンバーガー   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  「民主主義の質が高い国」ランキング発表、デンマークが1位   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  暗闇に青く発光する湖をとらえた幻想的な写真   さわりを読む▼
  01.29.  【 ブログ 】  うつ予防にはオリーブオイル?摂取する油脂の質でうつの発症率に違い   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  北朝鮮の集合住宅、室内は意外と豪華だった   さわりを読む▼
  01.29.  【 ブログ 】  IT時代のマーフィーの法則!? 「USB端子を逆に入れようとしてしまう確率は90パーセント以上」   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  男を誘惑するのに大切なものは「匂い」   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  スマートフォンで人工衛星を操作する計画が進行中   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  人類は宇宙人によるリアルシミュレーションゲームだった!? 数百万年規模の壮大な計画   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  中国のニュース番組で放送された空軍の飛行訓練映像、実は映画『トップガン』だった   さわりを読む▼
  01.29.  【 経済2 】  ウィキリークスが2月1日より、ネット上で定期的にビデオ・カンファレンスを行うと発表   さわりを読む▼
  01.28.  【 経済2 】  冬の健康にまつわる10のウワサとその真偽   さわりを読む▼
  01.28.  【 経済2 】  反日感情は日本に対するものではなかった   さわりを読む▼
  01.28.  【 経済2 】  中国オークションサイトでiPhone5が出品   さわりを読む▼
  01.25.  【 ブログ 】  ウーパールーパーがガンを撲滅する!?   さわりを読む▼
  01.25.  【 経済2 】  脳は「不安」や「恐怖」をどこで感じているのか   さわりを読む▼
  01.25.  【 経済2 】  2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性   さわりを読む▼
  01.24.  【 経済2 】  その気にさせる食べ物、TOP10   さわりを読む▼
  01.24.  【 ブログ 】  KDDI社長、「CDMA2000版iPhone」の導入に対しての回答01月24日16時   さわりを読む▼
  01.24.  【 経済2 】  安全な航空会社ベスト10、ワースト10   さわりを読む▼
  01.24.  【 ブログ 】  ズームする「眼球カメラ」開発に成功!   さわりを読む▼
  01.24.  【 ブログ 】  『夢をかなえる行動』分析   さわりを読む▼


スポンサーサイト

スポンサー広告

 全文を読む


インターネットが“消えた” グラフで見るエジプトのネット遮断

経済2

 政治的な混乱が続いているエジプトで、政府当局がネット接続をほぼ全面的に遮断した。「エジプトの携帯キャリアは、政府の要求に従う以外に選択肢はない」とVodafoneは述べている。反政府デモが続くエジプトで、インターネット接続と携帯電話サービスがほぼ全面的に遮断されたと報じられている。長期独裁政権を崩壊させたチュニジアの「ジャスミン革命」の余波で、エジプトでは政権打倒を目指すデモが続いている。デモ参加者がTwit...全文を読む


タイの山中で「ゾウのためのソナタ」を弾くピアニスト

経済2

 タイの山中にあるゾウの保護施設「Elephant's World」で暮らすハンディキャップを負ったゾウたちのために、わざわざピアノを運んできてベートーヴェンやカミーユ・サン=サーンスの楽曲を弾いて聞かせるピアニストが現れました。ゾウたちはピアノの音に聞き入っているのかそうでないのかちょっと際どいような感じですが、演奏の間は落ち着いたそぶりだったので、ピアノでゾウの気持ちを癒すというピアニストの目的は達成できている...全文を読む


iPhone 5とiPad 2に、NFC使ったおサイフ機能搭載か

経済2

 iPhoneとiPadの新モデルにNFCを使ったモバイル決済機能が搭載されると伝えられている。Appleは店舗用の決済端末の試作機も作ったという。次世代iPhoneとiPadにNFC?Appleは、iPhoneとiPadの次世代版に近距離無線通信技術NFC(Near Field Communication)を使った決済機能を搭載する――コンサルティング会社幹部リチャード・ドハティ氏が、このプロジェクトに携わるエンジニアから聞いた話として伝えている。実現すれば、日本のおサ...全文を読む


世界トップコーチの最先端心理学

ブログ

 正解のない世界で、日々決断を求められるビジネスリーダーは、自分の不安や恐怖に打ち勝たねばなりません。恐怖という感情を乗り越えるためには、「精神的に強くなること」や「物事に動じない肚をつくること」、「経験を積むこと」などが必要だと言われてきました。しかし、実は恐怖という感情は、そのような精神論ではなく、技術(スキル)でも乗り越えることが可能です。まず、不安や恐怖などの感情が生まれる心理的メカニズムを...全文を読む


海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点

経済2

 コストと質における競争力によって、アウトソーシングが余儀なくされている。業務の海外移転を促す5つの力がある。それは、優れたテクノロジー、自由市場、適正価格の良質品への探求、国のサービス提供の増加、世界的ビジネス文化である。独自の視点で解説します。3分で分かる『サービスシフト』の要点・コストと質における競争力によって、アウトソーシングが余儀なくされている・米国企業による業務の海外移転を促す5 つの力があ...全文を読む


2010年第4四半期のコンピュータ市場、iPad効果でAppleがDELLを抜いて3位に

経済2

 2010年第4四半期のサーバー向けパソコンやデスクトップパソコン、ノートパソコン、ネットブック、タブレット端末を含むコンピュータ市場において、AppleがDELLを抜いて3位になったことが明らかになりました。iPadをパソコンと同じ扱いにすることに対してはさまざまな意見があるかと思われますが、調査会社のアナリストはその理由についても明らかにしています。調査会社Canalysが発表した2010年第4四半期(2010年10月~12月)のコ...全文を読む


机にもなる子ども用かばん「テディバッグ(Teddy Bag)」

経済2

 いつでもどこでも机に向かって勉強できる! それを可能にするのが子ども用の学習かばん、その名も「テディバッグ(Teddy Bag)」である。カラフルな箱状のテディバッグを背負った子どもたちは、学校に着いたらまずは着席。かばんの中から荷物と「天板」を取り出して、かばんの上部に取り付けたら……ハイ、学習机の出来上がり!というわけだ。必要のない荷物はかばんの中に収入することも可能である。すべてのパーツが段ボールで作...全文を読む


ドコモ、4月以降発売の機種でSIMロック解除可能

ブログ

 NTTドコモは、4月1日以降に発売する新機種にSIMロック解除機能を搭載すべく準備を進めている。スマートフォン、フィーチャーフォンに関わらず、「基本的に全端末で対応する」としている。SIMロックを解除したい端末をドコモショップに持ち込んでもらい、「SIMロックを解除して他キャリアに移ると、iモード機能が使えなくなる」など重要事項を説明した上で解除する――という流れを検討。現在、ユーザーに説明する内容や、端末が故障...全文を読む


肉まみれ、たった1個で4600キロカロリーもある特盛りハンバーガー

経済2

 特大のビーフパティに加えて鶏の胸肉、そしてベーコンといった肉が一緒くたに詰め込まれ、さらにオニオンリングなどの揚げ物も入っているなど、もはやどんな味なのか想像し難い領域に突入しています。特盛りハンバーガーの詳細は以下から。The burger laden with two days of calories - and here it is, actual size! | Mail Online1個で4200キロカロリーもあるハンバーガー、その名も「megaburger」はおそらくイギリス中見渡して...全文を読む


「民主主義の質が高い国」ランキング発表、デンマークが1位

経済2

 選挙といえば公平性を保つために無記名投票するものですが、「独裁政権は崩壊したはずなのに初の大統領選挙の投票日には軍人が迎えに来て監視されながらの記名投票だった」というような事があるそうです。また、たとえ国名に「民主」や「民主主義」と掲げていても実態は全然違うという国家もあります。民主化は一晩で起きるものではなく、定着と成熟には時間がかかるものですが、すでに成熟した民主主義国家と認識されているような...全文を読む


暗闇に青く発光する湖をとらえた幻想的な写真

経済2

 水中のプランクトンの生物発光により水面が神秘的に輝く自然現象をとらえた写真です。日本近海でも時折大発生して光るヤコウチュウによるものなのですが、オーストラリアのこの湖ではここまで強く光ったのはこの50年間で初めてとのことで、SF映画の一場面のような異様な雰囲気となっています。ヤコウチュウは物理的な刺激に応答して光る特徴があり、水面に石を投げると発光を促すことができます。写真はビクトリア州ギプスランドの...全文を読む


うつ予防にはオリーブオイル?摂取する油脂の質でうつの発症率に違い

ブログ

 スペイン人やイタリア人というと「陽気で明るい」イメージがあるかもしれませんが、実際に昔からヨーロッパ南部では北部と比べうつの発症率が低いそうです。これには気候や日射量などさまざまな因子が結びつけられてきましたが、秘密はオリーブオイルだったのかもしれません。スペインで行われた調査により、食生活の中での油脂のとり方がうつ病のリスクと関係することが明らかになっています。詳細は以下から。Depression Risk Hi...全文を読む


北朝鮮の集合住宅、室内は意外と豪華だった

経済2

 ピョンヤン市民の生活水準向上のため、北朝鮮政府は市民へ住宅を無料で提供することを決定した。既に3万戸が完成しており、更に5万戸が建設予定だそうだ。外観こそオシャレな住宅団地のように見えるが、エントランスは木製ドア、飾り気のない階段……と、共用部分は実に質素。しかし室内は結構すごかった! その「豪華マンション」っぷりが中国のネットユーザーの間で話題になっている。リビングに入るとまず目に飛び込んでくるのは...全文を読む


IT時代のマーフィーの法則!? 「USB端子を逆に入れようとしてしまう確率は90パーセント以上」

ブログ

 皆さんは「マーフィーの法則」をご存知だろうか? 「洗車しはじめると雨が降る」や「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」など、不思議な法則を伝えている本である。そんなマーフィーの法則は、IT時代になった今も数多く存在しているという。たとえば「Twitterはリツイートしてほしい書き込みほどリツイートされない」や「USB端子を逆に入れようとしてしまう確率は90パーセ...全文を読む


男を誘惑するのに大切なものは「匂い」

経済2

 好きな人を誘惑するのに大切なのは「香り」だそうです。海外サイト「コスモポリタン」によると、なんでも人間は1万もの異なった匂いを正確に嗅ぎ分けることができるそうで、463人の男性に行った調査の結果、男性は女性が身にまとっている香りに惹きつけられていることがわかったそうです。「香気は、性欲に繋がる脳の一部を刺激する」と「Chicago’s Smell and Taste Treatment and Research Foundation」の医学博士アラン・ハーシ...全文を読む


スマートフォンで人工衛星を操作する計画が進行中

経済2

 「近くにあるおいしいレストランが知りたい」、「目的地までの電車の乗り継ぎを調べたい」、そんな時はスマートフォンで検索! あらゆるシチュエーションで使えるその利便性から、凄まじい勢いで利用者を増やすスマートフォン。今の機能だけでも十分便利なのだが、今度はその利用範囲を宇宙にまで拡大しようとする計画があるという。その計画を発表したのは、人工衛星の製造を行うイギリスのSurrey Satellite Technologyという会...全文を読む


人類は宇宙人によるリアルシミュレーションゲームだった!? 数百万年規模の壮大な計画

経済2

 ここ数年、「宇宙人を見た」という人や「UFOの映像を撮った」という人たちが多くなっている。そのため、宇宙人が侵略してくるのではないか? 地球が植民地化されるのではないか? と恐怖心を抱いている人もいるはずだ。しかし、地球に攻めてこれる技術があるならば、人類がここまで発達する前に滅亡して植民地化できたはずだし、この時代になっても攻めてこないとしたら、今後も「侵略」という意味で宇宙人が攻めてくることはな...全文を読む


中国のニュース番組で放送された空軍の飛行訓練映像、実は映画『トップガン』だった

経済2

 中国の国営テレビ局「中国中央電視台」のニュース番組で放送された映像が物議を醸している。問題の映像は、1月23日に中国空軍が実施した飛行訓練を映したもの。戦闘機が空を舞い、ミサイルにより空中爆破するという内容だった。しかし、軍事に詳しい中国のネットユーザーがすぐさま異変に気付いた。「この映像は……映画『トップガン(Top Gun)』そのまんまじゃないか!」と。トップガン疑惑の情報は、ネットを介してあっという間に...全文を読む


ウィキリークスが2月1日より、ネット上で定期的にビデオ・カンファレンスを行うと発表

経済2

 機密情報を公開することで知られるサイトの「ウィキリークス」が、全世界のインターネットユーザーと、マスコミに向けてオンラインで定期的なビデオ・カンファレンスを行うと発表し、その第1回目を2月1日に行うとしている。ウィキリークスが発表した内容によると、この会議は「ウィキリークス・ラウンドテーブル」と名付けられており、1月29日の18時(日本時間30日午前3時)まで、Twitter(ハッシュタグ:#wlquest)と電子メール(...全文を読む


冬の健康にまつわる10のウワサとその真偽

経済2

 冬は寒い天候のために風邪やインフルエンザにかかりやすく、お正月やクリスマスなどといったイベントも多いため、他の季節と比較して特に健康に気を遣う季節と言えるかもしれません。そのためか、他の季節に比べても、冬には「風邪をひかないように○○するのは避けるべき」であるとか、逆に「○○は体にいい」といった通説が多く存在します。冬の健康についてのウワサについて専門家に質問し、その真偽を確かめた内容が挙げられていま...全文を読む


反日感情は日本に対するものではなかった

経済2

 韓国に興味がある方々「韓国の反日感情」についてです。韓国を少し知ったつもりになっている人ほど「韓国は日本を嫌っている」と言う。結論から言うとこれは完全に誤解だ。反日感情というのはそもそも、日本や日本人に対するものではないからだ。1945年、日本の敗戦と共に日本から解放された韓国は混乱していた。韓国を植民地支配していた日本が撤退したためだ。これからは韓国自ら韓国を仕切っていかなければならない。しかし開国...全文を読む


中国オークションサイトでiPhone5が出品

経済2

 中国でもiPhoneシリーズは人気スマートフォンの一つ。その人気に便乗しようと、数々のニセiPhoneが氾濫している。先日、中国最大のオークションサイト「淘宝網(タオバオワン)」でiPhone5が出品されていた。ちなみに価格は7230元(約9万円)。iPhone4のタオバオにおける平均価格の6830元(約8万5000円)よりも少しだけ高いという絶妙な価格設定がなんともリアルだ。しかしご存知の通り、本物のiPhone5は発売時期さえ発表されてい...全文を読む


ウーパールーパーがガンを撲滅する!?

ブログ

 1980年代にCMに出演し大人気となったメキシカン・サラマンダー、またの名を『ウーパールーパー』。その愛らしい風貌で、日本で大ブレークしたのを覚えている人も多いだろう。そのウーパールーパーから、ガンの特効薬ができるかもしれないという驚きのニュースが飛び込んできた!英ノッティンガム大学の研究者たちはこのほど、ガン細胞の活動を抑制する実験に成功した。実験に大きく貢献したのがウーパールーパーだ。メスの卵子のエ...全文を読む


脳は「不安」や「恐怖」をどこで感じているのか

経済2

 大なり小なり、人間は不安を感じながら生きています。ほどよい緊張感は、私たちの日常を引き締め、メリハリを与えてくれます。反面、度を超えたストレスは精神に影響するだけでなく、病気を引き起こしてしまう場合もあります。私たちが何かに直面するたびに覚える不安は、一体脳のどの部分が感じているのでしょうか。不安や恐怖のメカニズムについて、イギリスの研究者が興味深い報告をまとめています。報告によると、人は耳たぶに...全文を読む


2012年ベテルギウス大爆発か? 2つ目の太陽となる可能性

経済2

 冬の夜空に輝くオリオン座、その肩に位置する赤い巨星ベテルギウス。地球から640光年の彼方にあり、直径が太陽の1000倍という、とてつもなく大きな星だ。オーストラリアの研究者によると、そのベテルギウスが、2012年に星の最後をむかえ超新星爆発し、地球にとって2つ目の太陽となる可能性があるというのだ。この発言に海外のネットユーザーは騒然、さまざまな議論を巻き起こしているのである。超新星爆発とは、星がその一生を終え...全文を読む


その気にさせる食べ物、TOP10

経済2

 人類は遠い昔から、夜の生活が有意義なものとなるよう様々な努力をしてきた。古代ローマ人は、「カバの鼻」や「ハイエナの目玉」など珍しいものを媚薬と信じ追い求めた。中国人も「サイの角」などを珍重した。現代人も古代人に負けてはいない。医薬系出版社『ウォルターズ・クルワー』が2005年に実施した調査では、男性の機能不全治療にアメリカ人が支払った金額は1470億円にのぼり、内1260億円はファイザー社の『バイアグラ』が占...全文を読む


KDDI社長、「CDMA2000版iPhone」の導入に対しての回答01月24日16時

ブログ

 先日アメリカの最大手携帯電話会社「Verizon」がKDDIと同じCDMA2000方式に対応したiPhone 4を発表した、本日行われたKDDIの第三四半期決算発表会において、KDDIの田中社長がCDMA2000版iPhone 4の導入について回答しました。本日行われたKDDIの第三四半期決算発表会の質疑応答で、VerizonのCDMA2000版iPhone 4について問われた同社社長、田中孝司氏が「申し訳ないがiPhoneについては『ノーコメント』とさせていただきたい」と回答し...全文を読む


安全な航空会社ベスト10、ワースト10

経済2

 2010年10月、羽田空港に国際線ターミナルが開港し、空の旅がますます身近になったと感じている人も多いだろう。アメリカの国家運輸安全委員会 (NTSB) が行った調査によると、飛行機に乗って死亡事故に遭遇する確率は0.0009%との結果が出ており、アメリカ国内の航空会社のみを対象とした調査では、さらに低く0.000034%だ。仮に8200年間毎日、無作為に選んだ航空機に乗ったとしても、一度事故に遭うか遭わないかというくらいの確率で...全文を読む


ズームする「眼球カメラ」開発に成功!

ブログ

 人間の眼球に備わるレンズ構造にヒントを得た、高性能カメラが開発された。可変ズーム機能を備えた一眼レフカメラで、複合レンズの大きさ・重さを解決したものだ。レンズ直径3センチ以下のこの「眼球カメラ」は、原理がシンプルなのが特徴。製造コストも割安で、夜間の監視カメラやロボットの視覚機能、内視鏡画像、電子工学分野などあらゆる場面に役立つと期待されている。 これまでの眼球タイプレンズカメラには固定センサーが...全文を読む


『夢をかなえる行動』分析

ブログ

 『やると決め、それを実現できるあなたであるために、 全ての目標達成プロセスに入れなければならない4ステップ』   ― 驚くのは、あなたではなく、まわりです。最初に、簡単な質問を3つします。皆さんは自分の勝ちパターンを持っていますか?その勝ちパターンを使って、自分の欲しい成果を実際に手にしているでしょうか?それとも、やりたいことや実現したいことはたくさんあるのに、ちっともできていなくて、そんな自分にフラ...全文を読む

前月     2011年01月       翌月

 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。